「伊方原発をとめる大分裁判の会」規約

1条(名称) 本会は「伊方原発をとめる大分裁判の会」と称し、事務所を大分市に置く
2条(目的) 本会の目的は、伊方原発の運転差し止め大分裁判を行うこととする
3条(原告) 本会の原告は大分県在住者に限ることとする
4条(組織) 本会は、原告団、弁護団、応援団の3団体で構成し、それを支えるための全体の事務局を置く。 なお、弁護団は弁護士活動のための事務局を別に置く
5条(活動) 本会は 前条の目的を達成するために、次の活動を行う
(1) 伊方原発差し止め訴訟のために、原告の募集・応援団の募集・裁判費用の募金・裁判の傍聴など
(2) その他
6条(会員及び総会)
(1) 本会は本会の目的に賛同する個人の会員によって構成する
(2) 総会は会員によって構成する
(3) 総会は年一回開催し、原告団代表、弁護団代表、応援団代表、事務局長及び会計監査を選出し、経過報告・決算、活動報告・予算その他重要事項を出席者の過半数で決定する
(4) 臨時総会は代表・世話人の過半数以上の同意によって開催できる
(5) 総会及び臨時総会は開催1週間前までに全会員へ郵送・メールなどで知らせなければならない
7条(役員)
(1) 本会の原告団、弁護団、応援団のそれぞれに必要数の代表を置く
(2) 本会は必要に応じて地域の世話人を置く。世話人は会の活動を支える
(3) 本会には1名以上の会計監査を置き、総会で報告する
(4) 事務局長は総会で選任する。事務局員は必要数置く
(5) 本会は必要に応じて各団代表等による全体会議を開催して意見調整などを行う
8条(財政)
(1) 応援団は別途定める会費を納めることとする
(2) 本会は広く寄付金を募る
(3) 会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日とする
9条(規約改正)
  規約の改正は総会出席者の過半数の同意で決定する
10条(発効)
  本規約は2016年7月2日より発効する

細則
1条 (会費)
(1) 原告は1人1万円を負担する。1世帯は全員で1万円とする
(2) 原告は1万円負担すれば会費は含むものとする
(3) 応援団の年会費は1口千円とする。希望は3口3千円
2条(事務局)
(1)事務局は大分市田の浦12組に置く

附則
本規約は2017年7月1日より施行する