2月12日、大分県知事への申入れを実施

2月12日、大分県知事への申し入れを、松本文六原告共同代表以下11名で行いました。
 大分県民の命と暮らしを守るために、四国電力に要請を行って欲しいという内容です。
四国電力は本年1/17の広島高裁差し止め決定を真摯に受け止め、
・安全性が証明されない限り伊方原発3号機を再稼働しない、
・MOX燃料の再装填をやめる、
・南海トラフ地震の臨時情報(巨大地震警戒)発令時の原発運転継続の方針を撤回すること、
・相次ぐトラブルに関して大分県民に説明責任を果たすこと
などを、要請しています。

 商工観光労働部工業振興課長が対応、1か月後までに県知事の対応を文書で返答すると約束しました。

広瀬知事への申入れ文書全文(PDF)