6月13日 第5回定期総会ご案内

伊方原発をとめる大分裁判の会 本年度定期総会が下記要領で開催されます。

日時  2020年6月13日(土)14:00~17:00
会場  JCOMホルトホール大分 2F 201+202会議室

 今年は5回目の節目に当たります。伊方原発3号機は1月17日の広島高裁決定により、現在止められています。まさに死にかかっていた司法が、どっこい生きていました。伊方原発3号機をずっと止め続けること、そして廃炉に持ち込むこと、これは今後の私たちの裁判のたたかいにかかっていると言ってもよいでしょう。
 大分地裁では、あの屈辱的な2018.9.28仮処分棄却を決定した佐藤裁判長が異動し、近々に開かれる予定の第16回口頭弁論に新しい裁判長のもとで裁判が始まります。
 さらに、即時抗告を福岡高裁に行っていましたが、ようやく動きがありました。6月18日に福岡市で抗告審が始まります。
 昨年は、「樋口元裁判長講演会」と総会をセットで行ないました。今年は講演なしで、会員の論議に集中する総会になります。1年前、樋口さんからハッパをかけられ、勇気と元気をいただいたのですが、思ったように裁判の会の運動は進みませんでした。そのことをみんなで総括し、今年度の運動を少しでも進展させていきたいと考えます。

 コロナ禍で大変な状況ではありますが、参加される皆さんはマスク着用などお願いします。ホルトホールでは2つの会議室をつないで、窓を大きく開放し、換気に配慮し、また、席を空けて座っていただくんど”3密を避ける”対策の徹底に努力します。皆様に安心して参加をいただき、活発な論議を行っていただきたく存じます。
 参加については自由です。不安な方は無理されないでください。発熱、咳などの症状のある方はご遠慮ください。

コロナウイルスの関係で、急に会場が使用中止になるということも考えられます。その時はメールニュースを受け取っている会員さんには、メールニュースでお知らせします。メールニュースが届いていない会員さんは、ホームページを見て確認いただくか、事前に事務局に電話で確認されてから参加してください。